電動自転車には様々な種類があり、メリットも多いです。免許が不要で維持費のコストがかかりにくいため、車を電動自転車に変えるだけでも生活コストが節約できるかもしれません。こちらでは、生活コストを下げる方法や車と比べた際の電気自転車のメリット・デメリットなどをご紹介します。生活コストを下げたい方、電動自動車に興味のある方は、ぜひご覧ください。

生活にかかるコストを下げる方法とは?

チャイルドシートが取り付けられた電動アシスト自転車

車をお持ちの方の中には、毎日は車に乗らないという方もいるのではないでしょうか。車を維持するのには多くのコストがかかりますが、毎日は乗らない場合、費用対効果がよいとは言えないこともあります。

車を所有していると、税金や駐車場代、保険料、ローンで購入した場合はローン返済額も必要です。また、子供を乗せる場合、乗り降りや運転にも気を使うことになるでしょう。車の維持に必要なお金がなくなれば、生活コスト削減につながります。そこでおすすめなのが、車を電動自転車に切り替えることです。電動自転車なら、購入後の維持費を格段に抑えることができます。

スーパーへ行く時も、自転車の買い物カゴに乗るだけの買い物をすることで、無駄な出費も減らすことができるかもしれません。また、車では通らない道を通ってみたり、季節を感じやすくなったりと、ワクワクすることも多いでしょう。

車が必要な場合は、カーシェアリングやタクシーなどを使うようにするという方法もあります。車をあまり使わないのであれば、ぜひ電動自転車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

電動自転車は免許も不要!車と違って手軽に乗ることができる!

電動自転車に乗るためには免許が必要ではと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。法律上、電動自転車は自転車と同じく「原動機なしの軽車両」なので、免許は不要です。そのため、誰でも気軽に乗ることができます。ただし、電動自転車でも車と同様に、事故には十分気をつけて運転することが大切です。スピードが出てしまうことがありますので、注意しながら、快適な電動自転車生活を送ってください。

電動自転車を車と比較!電動自転車のメリット・デメリットを知っておこう

黒板にMerit・Demeritと書かれたロゴ

電動自転車のメリットは多数あります。こちらでは、車と比較した場合の電動自転車のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 維持費が安い
  • 一方通行や狭小の道路、どのような道でも楽に走ることができる
  • 小回りがきくので、街の中を思ったように動ける
  • 環境に優しく排ガスを出すことがない
  • 乗っているだけではないので、軽い運動になる

デメリット

  • 目的地までに時間がかかる
  • 雨の日には運転しづらい
  • たくさんの荷物が載せられない

電動自転車にもデメリットはありますが、それを上回るメリットがあります。それが、電動自転車が多くの方に支持される理由ではないでしょうか。

環境に優しい生き方は、社会的にも求められています。車を電動自転車に変えるだけで地球環境保持に貢献しているとも言えるでしょう。車にしかできないこともありますが、電動自転車だからこそできることも多いです。この機会に電動自転車への乗り替えを考えてみてはいかがでしょうか。

電動自転車はメリット多数!電動自転車の種類が豊富なアベントゥーライフ

電動自転車と車を比較してどのようなメリット・デメリットがあるのか解説しました。電動自転車のよさは一度体験すればもっとよくわかるはずです。

電動自転車の購入をお考えなら、アベントゥーライフをご利用ください。最新モデルも含め豊富な種類の電動自転車をお手頃価格でご提供しています。国内での型式認定取得のみならず、自転車整備士により出荷前の最終チェックを国内で実施しているため、通販でも自転車店と同じクオリティでご購入いただけるのが、アベントゥーライフの強みです。

免許不要!メリット豊富な電動自転車の購入ならアベントゥーライフ

会社名 アベントゥーライフ株式会社
​代表取締役 小杉 好敬
​設立年月日 2018年 8月28日
​資本金 7,980,000円
住所 〒156-0042 東京都世田谷区羽根木1丁目3−2
電話番号 03-3324-2279 (商品に関するお問い合わせはinfo@aventulife.co.jpにお問い合わせください。)
メールアドレス info@aventulife.co.jp
LINE QRはこちら
URL https://aventulife.co.jp/
事業内容
  • シートポスト内蔵電動自転車「ベルモ」の開発/販売
  • 自転車関連商材のオンライン販売
  • 自転車修理プラットフォームサービス「サイリペ」の開発
  • 出張修理プラットフォームの構築
  • シェアサイクルサポート事業
  • 新型モビリティの開発/スマートロックの開発