e-Bikeの最大の特徴はそのアシスト力です。電気モーターによるアシストで、平地はもちろん坂道や信号待ちからの漕ぎ出し、長距離も快適に走行できます。そのため、いろいろな道を走るUber Eatsの配達パートナーにe-Bikeはおすすめです。

そもそもUber Eatsの配達車両に自転車は適しているのか疑問を抱いている方もいらっしゃると思いますが、e-Bikeのアシスト力は配達の強力なツールとなります。

各社Uber向けシェアサイクルプランの事例をまとめましたので、Uber Eatsの配達パートナーとして活躍している方、これから配達パートナーに登録しようと考えている方は、ぜひ車両選びの参考になさってください。

Uber Eatsの配達には自転車がおすすめ!

自転車のマーク

Uber Eatsの配達車両は、自転車、原付バイク(125cc以下)、軽貨物またはバイク(125cc超)を選択することができます。どの車両がいいかは配達エリアや環境、その人の体力などによっても異なりますが、おすすめは自転車です。

自転車は運転するのに免許が必要ないため、手軽に配達業務を始めることができます。また、原付バイクや軽貨物よりも小回りが利くため、信号や渋滞が多いエリア、小道でも走行可能です。近道も簡単にできます。そのため道を間違えてしまっても、方向転換やUターンが容易ですぐにリカバリーすることができます。

また、自転車はガソリン代もかからず、メンテナンス費用も原付バイクや軽貨物に比べて安価です。こうした点から、車両選びにお悩みの方には自転車をおすすめします。

各社Uber向けシェアサイクルプランの事例

停まっている電動アシスト自転車

Uber Eatsの配達には自転車がおすすめということをお伝えしましたが、一口に自転車と言ってもいろいろな種類があります。自転車を選ぶにあたり、まず考えたいのが電動にするか非電動にするかです。

そこで押さえておきたいのが、道路交通法では「人力と電力補助の比率は、10km/h以下の時で最大1対2」という基準が定められていることです。これはつまり、電動自転車では人力の最大2倍のアシスト力があるということになります。

このことを踏まえて、電動自転車の利用を検討することをおすすめします。以下に、各社Uber向けシェアサイクルプランの事例をまとめました。

1.ドコモバイクシェア 月額 4,000円

ドコモバイクシェア月額法人契約であれば、初期手数料500円+月額でドコモバイクシェアを使ってUber Eatsを始めることができます。

メリット

  • ポートが多い
  • 保険に加入している

デメリット

  • 返却時にはポートを使用しないといけない
  • バッテリー残量が少ない場合が多い
  • 1回の利用が4時間まで

2.シェアサイクル COGICOGI 月額 4,000円

新しいシェアサイクル企業です。自分専用のレンタサイクル+駐輪場を予約できるイメージです。

メリット

  • ドコモと同じ月額4000円でスタートできる
  • 保険がついている

デメリット

  • ポートの数が少ない
  • 前回返したポートに戻さないといけない

3.帝都産業 月額 10,000円~

タクシーの帝都産業がレンタサイクルも実施しています。

メリット

  • メンテナンスがつく
  • ヤマハの最新機種を選ぶこともできる

デメリット

  • 1~2か月目まで月額10,000+2,000円(税込13,200円)
    ※初月から3ヶ月分を一括して支払う場合は、納車手数料およびオプション利用料は無料。
  • ただし、3ヶ月未満でのご解約の場合も返金はできない。
  • 対人対物保険がオプション

4.アベントゥーライフ 購入134,800円

メリット

  • パンクに強いタイヤを使っているためパンクが発生しにくい
  • 定額サービスで定期的にメンテナンスをしに来てくれる
  • 好きな車体を選ぶことができる
  • 折りたためば輪行できる

デメリット

  • 自転車購入費用がかかる
  • 定期メンテナンスには回数制限がある

このようにシェアサイクルプランの事例は多く、人気も高いです。理由はやはり初期費用の安さ。しかしながら乗り出すタイミングでメンテナンスができていなかったり、充電がされていないなどのケースもあります。単発でちょっと働く場合にレンタルはおすすめですが、しっかり働く場合には購入した方が割安となると考えられます。

せっかくなら自分の自転車で愛着を持って、プロがメンテナンスに来てくれるサービスはいかがでしょうか?

アベントゥーライフで販売しているアシスト力が強いe-Bikeは、坂道や長距離走行でも負荷がかかりにくいです。購入後のメンテナンスサービスもありますので、Uber Eatsの配達車両にご検討ください。

Uber Eatsの配達パートナーにおすすめ!アシスト力が強いe-Bikeなら坂道も快適!

Uber Eatsで稼ぐには、配達車両選びが重要です。車両によってメリットもあればデメリットもありますが、手軽に始められる自転車はおすすめです。電動自転車であれば、体力の消耗が少なく、たくさん配達することができるでしょう。

アベントゥーライフでは、アシスト力が強いe-Bikeを販売しています。漕ぎ出しが軽いためストップ・アンド・ゴーでの体力や時間の消費が少なく、アシスト力が強いため急な坂道も快適に走ることができます。

アシスト力の強いe-Bikeに乗るならアベントゥーライフ株式会社